採用情報

在宅医療の
未来を変える。

在宅医の同志を求めています。

高齢者人口の増加と共に、在宅医療の需要は増加しています。65歳以上人口をみると、2014年の3,158万人から2021年は3,460万人へと増加し、訪問診療の件数も統計結果のある2014年と2017年を比べると107万件123万件へと伸びています。高齢者人口はこれからも増加することが予測されており、在宅医療は今後も確実に伸びていく分野です。
私たち優幸会グループは、福島区を中心に「自宅で最期まで」が当たり前の地域作りを目指して、思いやりの在宅医療の提供に取り組んでいます。

知識や経験は問いません。
在宅医療に関わってみたいという
強い気持ちが重要です。

子育て中の方、医師・看護師・セラピストなどのキャリアや専門性を活かしたり、キャリアアップしたい方、将来独立開業を考えている方、もっと勉強したい、資格を取りたい方、病院勤務が合わないと感じている方などを歓迎します。

とは言え、
それなりの覚悟は必要です。

在宅医療は患者さまの家で行います。想像してみてください。そこは、検査や処置の道具がない、人手もない、医療者にとっては完全なアウェーです。病院や診療所での経験や常識が通用しないことも多く、最初は戸惑うかもしれません。でも大丈夫。ホームグラウンドでの患者さまの、入院中とは別人のような表情に接したとき、あなたの「戸惑い」は「やりがい」に変わるはずです。

自分と違う価値観を
認めることが重要です。

在宅医療を行うときは、患者さまやご家族に、自身の価値観を押し付けないことが大切です。私たちの正解は、患者さまやご家族には正解ではないかもしれません。患者さまやご家族の立場になって、一緒に悩み考えることが大切です。患者さまにとってより良い解である「成解」を探し続けることが大切です。

チャレンジする方を
応援します。

在宅医療は新しい分野で、まだまだ発展途上です。私たちは、より良い在宅医療を提供すべく、日々試行錯誤を重ねています。現状に満足することなく、新しいことに挑戦し、成長したいと思っている方にとって、働きがいのある職場ですし、私たちはできる限りの支援をしたいと考えています。

ひとの話を聴ける、
コミュニケーション力のある方を
求めます。

初めにお話ししたように、在宅医療は、患者さまやご家族だけでなく、様々な職種の方々と関わる仕事です。ですから、ひとの話が聴ける、約束を守る、笑顔であいさつができるといった、人と関わる上で当たり前のことが、とても重要なポイントになります。

採用情報

『見学会』のご案内

当法人では、訪問診療・訪問看護の現場を体験していただく
『見学会』を随時実施しております。
求人への応募をお考えでなくても
医療や介護職に従事されていなくても
在宅医療に関心のある方はどうぞお申し込みください。

※新型コロナウイルスなどの感染流行状況や、訪問先の患者さま・ご家族のご都合などにより、中止する場合があります。その際は電話かメールでご連絡いたします。

見学会の流れ

【訪問診療の場合】
09:30

クリニックに集合

朝の申し送り等を見学しながら、当日スケジュールをご説明します。

10:00

訪問診療に同行

医師に同行して、訪問診療の現場を体験していただきます。

12:00

優幸会グループのご案内と
質問タイム

中村クリニック、やさしいそら訪問看護ステーション、木もれ陽ケアプランセンターをご案内し、質問にお答えします。

なんでもお答えします

  • ●訪問診療や訪問看護についての疑問
  • ●当グループの労働条件、支援制度 など
13:00

終了

お申し込み・日程の確認は
こちらからどうぞ

お電話

受付時間 9:00~17:30
[日・祝日除く]

メール

24時間受付

応募フォーム

下記フォームよりお申込みください。

*は必須事項です

    お名前
    フリガナ
    メールアドレス
    電話番号
    (※半角英数字)
    応募された方に連絡がとれる電話番号を市外局番からご記入ください。携帯電話でもかまいません。
    メッセージ・ご質問など
    結果等の連絡は原則としてメールで行います。
    携帯電話のメールアドレスをご記入の場合は、必ずドメイン指定の解除を行ってください。
    (電話で行う場合の発信番号は06-6485-7188です)
    確認画面は表示されません。
    上記内容で送信しますがよろしいですか?
    よろしければ、ご確認のうえ送信してください。
    取り扱いについて

    このウェブサイトは、SSLサーバ証明書を使用して機密情報を保持しています。また、ご入力いただいた個人情報は、法令に基づく場合等を除き、他の目的で使用したり、第三者へ提供したりすることはありません。応募情報の

    今は
希望の職種で
募集がない・・・

    【採用エントリー制度】もご利用ください

    今は希望の職種で募集がない、タイミングが合わないなどの理由でご応募いただけない方で、当グループへの就職を希望される方は、専用フォームからエントリーしていただくことができます。 ご希望の条件に合う採用枠が発生したときは、優先的にご連絡しますが、お断りいただいても問題ありません。エントリーの取り消しはいつでも可能です。

    エントリーの流れ

    1

    採用エントリー
    フォームに
    記入して送信

    2

    ご希望の
    採用枠が発生

    3

    メールまたは
    電話でご連絡して
    意思を確認

    4

    OKなら
    面接に来て
    いただきます

    エントリーフォーム

    採用エントリーフォーム

    下記フォームよりお申込みください。
    ご希望の採用枠が発生したときは、優先的にご連絡いたします。

    *は必須事項です

      お名前
      フリガナ
      メールアドレス
      電話番号
      (※半角英数字)
      応募された方に連絡がとれる電話番号を市外局番からご記入ください。携帯電話でもかまいません。
      希望職種
      希望雇用形態
      勤務開始希望時期 年  月から
      結果等の連絡は原則としてメールで行います。
      携帯電話のメールアドレスをご記入の場合は、必ずドメイン指定の解除を行ってください。
      (電話で行う場合の発信番号は06-6485-7188です)
      確認画面は表示されません。
      上記内容で送信しますがよろしいですか?
      よろしければ、ご確認のうえ送信してください。
      取り扱いについて

      このウェブサイトは、SSLサーバ証明書を使用して機密情報を保持しています。また、ご入力いただいた個人情報は、法令に基づく場合等を除き、他の目的で使用したり、第三者へ提供したりすることはありません。応募情報の

      私たちはこの仕事が好きです!
      スタッフに聞きました。

      優幸会で働く皆さんに、
      在宅医療の面白さや職場の魅力について、熱く語っていただきました。

      やさしいそら
      訪問看護ステーション

      看護師さんに聞きました。

      「やさしいそら」の良さはどういうところでしょう?
      Aさん

      風通しが良くて、人間関係のストレスがないところかな。

      Mさん

      そうですね、自由に意見を言い合えるし、わからないことはベテランの方やドクターに気兼ねなく聞けるので安心です。

      Fさん

      利用者さまを訪問して気になったことを、ドクターやケアマネジャーにダイレクトにフィードバックできる。在宅医療は連携プレイですから、診療所と看護ステーションとケアプランセンターがグループとして動けるのは強みですね。

      Aさん

      病院勤務のときは時間に追われてお一人おひとりに合わせた看護ができなかった。でも訪問看護をしてみると、この患者さんには何が足りないか、何が必要かがすごくわかってくるんです。

      Mさん

      訪問看護じゃないとその辺がなかなかわからないですよね。

      Aさん

      ここは、「いいと思うことは何でもやってみなさい」という方針なのがうれしいです。

      Fさん

      誰かが気付いたことを皆で検討する勉強会も企画しています。例えば、先日のテーマは「どんなマットレスやクッションを使えば拘縮を和らげことができるか」でした。勉強会でわかったことは、みんなの看護計画に組み入れていきます。

      Mさん

      うちのスローガンは「1人で考えず、皆で考えよう!」です(笑)。

      訪問看護師のお仕事を始めたきっかけは?
      Aさん

      以前勤めていた病院が、マヒが残ったりした患者さまの退院支援に力を入れていて、退院前にお家の環境を整えたり、ヘルパーさんの調整をしたりするお手伝いをするんです。私も担当の患者さまの退院前訪問でお宅に伺ったりして、訪問看護に興味を持つようになりました。訪問看護が未経験でも指導してくれるということだったので、「やさしいそら」に入ることにしました。

      Mさん

      私は総合病院に勤めていましたが、子育てとの両立がしんどくなって悩んでいました。「やさしいそら」は、勤務時間が9時から17時半までで夜勤がないし、土日や祭日に休むこともできるので、転職しました。看護師の仕事は好きなので、続けたかったんです。今は常勤ですが2人目の子どもができたら、パートで勤めるつもりです。

      Fさん

      看護師をしていて色々な患者さまに接していると、もっと勉強しなければと痛感するようになりました。それで、時間的に余裕がありそうだし、訪問看護の経験もしてみたかったので、あちこちの訪問看護ステーションを探して、ここに就職しました。外部研修への援助金制度があるのも魅力でした。

      1日のスケジュールはどんな感じですか?
      Mさん

      朝9時に出勤して、ミーティングの後9時半頃から訪問に出掛けます。1日に回るのは5~6軒ですね。午後5時頃には事務所に戻り、報告などをして、5時半には退出します。

      Aさん

      ミーティング時に、先輩の助言を受けることもよくあります。

      訪問時の滞在時間はどれくらいですか?
      Fさん

      だいたい30~60分くらいですね。

      Aさん

      訪問エリアが狭いので、電動自転車で回っています。車の免許を持ってなくて心配だったんですが、大丈夫でした。

      セラピストさんに聞きました。

      セラピストはどんなお仕事をされるんですか?
      Sさん

      利用者さまのお宅に伺って、リハビリを行います。
      私は言語聴覚士で、簡単に言うと「食べる」と「話す」のリハビリですね。

      Pさん

      私は理学療法士です。「起きる」「立つ」「座る」「歩く」など、日常動作の回復を目指してリハビリをします。

      Kさん

      私は作業療法士です。重症の利用者さまにも、日常生活でできることや、楽しみを増やしていただくためにリハビリを行います。

      「やさしいそら」の良いところは?
      Sさん

      前は病院に勤めていたんですが、そこで一緒だった看護師さんが、「働きやすいところだよ」と誘ってくれたんです。こぢんまりとアットホームな雰囲気も気に入っています。

      Pさん

      病院ではどうしてもお医者さんが上の立場になりますが、ここだと、自分で考えて自分のやり方でできるので、面白いしやりがいもありますね。

      Kさん

      そうですね。看護師さんも言っておられましたが、ここは風通しのいい職場で、何か新しいことを提案すると、利用者さまにとっていいことならやってみたら、と背中を押してくれるんです。

      Sさん

      3人で、自分達の写真を表紙にしたセラピスト紹介のパンフレットも作ってしまいました。

      Kさん

      リハビリに通えない利用者さまにも、自宅でリハビリが受けられることをもっと知っていただきたいと思って。

      Sさん

      お医者さんも看護師さんもケアマネさんも近くにいらっしゃるので、そういった方々を巻き込みながら、より多角的なリハビリを進めて行きたいと考えています。例えば、ただ「食べる」だけでなく「座って食べる」「買い物に行って、作って食べる」といった具合に、できることを広げていってあげたい。ここはそういった提案も、ストレートに受け入れてくれる空気があります。

      労働環境はいかがですか?
      Sさん

      駅に近いので便利ですね(笑)。

      Pさん

      訪問エリアが狭いので、自転車で動ける身軽さもいいです。

      Sさん

      年間の休みが123日と多いので、子どもと行動するスケジュールが立てやすいのもうれしいですね。土日や祭日も休めますし。

      中村クリニック
      在宅療養支援診療所

      スタッフさんに聞きました。

      どんなお仕事をされていますか?
      Tさん

      医療ソーシャルワーカーですが、相談員さんと呼ばれています。退院される患者さまがご自宅で安心して暮らせるように、在宅医療サービスと患者さまをつなぐ仕事です。退院前のカンファレンスに出席して、患者さまの情報収集をしたり、訪問看護や訪問介護、ケアプランセンターなどの事業所と連絡して、連携がスムーズに行くように色々手続きをします。

      Hさん

      私は看護師です。医師に同行して、診察のサポートをしますが、カルテを見ながら、点滴など持って行く物の準備もします。診察の結果や処方箋の内容を訪問看護センターに伝えるといった、事業所との連携業務もあり、病院の看護師とは立ち位置が違うので初めはなかなか大変でした。勉強して慣れていきましたが。

      「中村クリニック」に就職したきっかけは?
      Tさん

      転職しようと求職活動中に在宅医療の存在を知って興味を持ち、就職を決めました。もともとおじいちゃんおばあちゃんと接するのが好きなので、ご高齢の患者さんが多い「中村クリニック」の仕事は、自分に向いていると思います。

      Hさん

      病院に勤めていたんですが、夜勤がきつくなってきたので、引っ越しで勤めを辞めたのを機に、前から興味のあった在宅支援診療所のここに勤めることにしました。家が近いこともあったんですが。

      「中村クリニック」のいいところを教えてください。
      Tさん

      小規模ですし、先生方も看護師さんも優しくて、何でも相談できる雰囲気がありがたいです。患者さんもご要望など言いやすいようで、それを、訪問看護師さん達と一緒に悩みながら実現するのが面白いし、やりがいがあります。

      Hさん

      色々ありますが、「やさしいそら」さんとの連携が密なのが、患者さんに安心感を与えているところかな。訪問診療は普通、月に1~2度ですが、訪問看護はもっと頻繁なので、患者さんの普段の様子の詳しい報告がこちらに回ってきます。先生がその報告をもとに、例えば「食欲がなかったんだって?」といった質問をすると、患者さまもご家族も、ちゃんと見守られているんだという安心感でほっとされるのが、側にいて伝わってきます。

      木もれ陽
      ケアプランセンター

      ケアマネジャーさんに聞きました。

      ケアマネジャーってどんなお仕事ですか?
      Eさん

      介護認定を受けた方の生活をサポートしながら、介護サービスを整えていきます。
      ケアマネジャーが作るケアプランに沿ってサービスが提供されるので、責任重大ですね。

      Gさん

      どんなサポートが受けられるかで、利用者さまの生活や将来が左右されますから、ケアマネジャーは重要な仕事だと思っています。

      Eさん

      これからどうしたいか、利用者さまやご家族に伺いながらプランを組み立てたり、変更もしていきます。できることはできるようになっていただくのが基本です。

      Gさん

      お話しをうかがいながら、その奥にある利用者さんの希望だとか、ご家族の関係、どこまで介護できるか、といったことに気付いていく必要がありますね。

      Eさん

      お風呂に入りたいなら入浴サービスを提案するし、買い物に行きたい、料理がしたいとおっしゃったら、じゃあリハビリをしましょうと。利用者さまのしたいことができるようになるように、どんどん進めていきます。

      Gさん

      たいていの利用者さまもご家族も、介護は初めてでわからないことも多いでしょうから、親身になってお話しを伺い、本当にしたいことや困っていることが聞き出せれば、それをケアプランに反映する形でご提案していきます。

      優幸会グループのメンバーとしての「木もれ陽」について
      Eさん

      「今まで医療は医療、介護は介護だったけれど、医療と介護は連携していかないといけないよね」というところからスタートしたのが「木もれ陽」なので、私たちは大事な仕事をしていると思っています。

      Fさん

      私は、介護施設のケアマネジャーをしていたんですが、長年働いたので、もういいかなと引退してのんびりしていたら、Gさんに「木もれ陽」の立ち上げを手伝ってと誘われました。

      Gさん

      この仕事は経験がものを言いますからね。まだまだ引退なんてもったいないです。

      Fさん

      私たちの仕事は医療面が弱くなりがちですが、優幸会グループとして、「中村クリニック」や「やさしいそら」さんが付いていてくれるのは強みですね。色々相談できるし、特に訪問看護師さんは、私たちより利用者さまに接する機会が多いので、医療面からの気付きが早く、情報を提供してもらえるので助かっています。

      Gさん

      ただ、そういったグループとしての連携とは別に、中立の立場でありたいとも思っています。優幸会を軸としながらも、あくまで利用者さまファーストであること。利用者さまのご要望を理解して、ベストのサービスをご提案することを大事にしていきたいです。

      Fさん

      今まで、ご自宅で療養されている方を大勢お世話してきて、お医者さんにもの申したいことが何度もありましたが、なかなかできなくて。それが私の課題の1つでもありましたが、「中村クリニック」の中村先生は風通しがいいというか、何でも話しやすくて助かってます。

      スタッフ採用についての【よくあるご質問】

      Q&A
      在宅医療の経験がないのですが、応募できますか?
      最初のうちは同行して指導をしますので、ご安心ください。
      どんな職種で求人していますか?
      こちらをクリックしてください。
      今は希望の職種で募集がない場合、専用フォームからエントリーしていただくと、募集が発生した場合、優先的にご連絡いたします。
      資格を取得したばかりで経験はありません。入職は可能でしょうか?Q
      現在、医師、看護師、セラピストの未経験者の応募はお断りしています。
      働きながら資格を取りたいと思っていますがサポート体制はありますか?
      外部講習会への参加費援助など、資格取得やスキルアップを目指す方をサポートする体制を用意しています。
      年齢制限はありますか?
      特に制限はありません。スキルや経験、やる気を活かして活躍していただける人材を求めています。
      学歴に条件がありますか?
      ありません。看護師などの資格職は、資格を保有していれば、出身学校は問いません。
      休日について教えてください。
      基本的に土・日・祝日は休日です。さらに夏休みを含めて123日の年間休暇があります。
      勤務時間を教えてください。
      基本的に午前9時~午後5時30分です。職種によってはパート勤務も可能です。
      夜勤はありますか?
      ありませんが、訪問診療と訪問看護はオンコール(患者さまからの緊急連絡)の当番が月に7~8程度あります。オンコールに対応して勤務が発生した場合は、手当が支払われます。
      残業はありますか?
      基本的にありませんが、やむを得ず発生した場合は、残業手当が支払われます。
      子どもが急病になったときなど、急な欠勤・早退に対応いただけますか?
      やむを得ない場合、周囲がサポートする体制を取っていますのでご安心ください。
      アルバイトやパートといった勤め方は可能でしょうか?
      可能です。ご事情に合った柔軟な対応をしますので、シフトもご相談に応じます。
      ブランク期間が長いのですが、何年くらいならOKでしょうか?
      それぞれの方に合った指導体制でサポートしますので、まずはご応募ください。
      車の免許を持っていませんが応募できますか?
      運転免許の有無は問いません。訪問は大阪市福島区を中心とした比較的狭い範囲ですので、電動自転車での移動となります。
      訪問時の移動手段は何ですか?
      電動自転車を貸与します。
      施設見学は可能でしょうか?
      可能です。前もってご連絡くだされば、日時を調整させていただきます。
      応募から採用までの流れを教えてください。
      応募フォームに入力して送信してください。00日以内に担当者からご連絡し、見学や面接の日時を調整させていただきます。
      CONTACT

      優幸会へのお問い合わせ・ご相談は、
      電話・メールでどうぞ

      お電話
      070-3351-4715
      受付時間 9:00〜17:30
      [ 日・祝日除く ]
      メール
      24時間受付
      10分相談
      受付時間 9:00〜17:30
      [ 日・祝日除く ]
      無 料

      在宅療養でお悩みご相談のある方、
      10分無料電話相談をぜひご利用ください

      070-3351-4715

      在宅療養についてのご相談に、ベテランスタッフが丁寧にお答えします。

      • 介護のお悩み
      • 訪問医療への疑問や質問
      • 緩和ケアの可能性
      • 費用のご心配
      • ご自宅でのお看取り 等々
      • 受付時間は9:00〜17:30までとなります。
      • 1回10分以内でのご相談でお願いしています。
      • 混雑してかかりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。